本文へスキップ



いま保育所が抱えている問題とは!?

いま保育所が抱えている問題とは!?

いま保育所が抱えている問題とは!?

人手が足りていない

保育所の数が仮に不十分でないとしても、そこで働く保育士がいなければ施設の運営は成立しません。待機児童が増加している主な原因の1つとして、保育士不足をあげることができます。実際に起こっている問題として、年間で30,000人以上が保育士としての仕事を辞めており、有資格者でありながら保育所に勤めていないいわゆる潜在保育士は日本に800,000人ほど存在するといわれています。保育士は人気がある資格・職業であるというイメージがある人にとっては、意外に思えることかもしれません。

なぜ保育士としての仕事をしなくなる人が多いのか、理由はさまざまです。給料が割りに合わないことを理由に辞める人や、小さな子どもを扱う仕事ということで、事故が起こることなどへのプレッシャーが重過ぎる、仕事の負担が大きいことで辞める人、保護者との関わり合いにストレスや疲労を感じてしまったことにより保育士の仕事をしなくなる人もいるのです。

はじめは子どもと接することが大好きで、保育士としての仕事をすることを希望し、国家資格を取得するために懸命に学んでも、先述したような理由でたくさんの人が離職し、復職しないまま過ごしています。今後の保育士の賃金引上げなど、離職の原因を排除するような変化が求められています。